« SEED DESTINY は自衛隊に見えないの? | トップページ | ボトムズDVD~今出るとそそられるが、買うべきか… »

1日ブルーな3時間弱

いわゆる大作だ。史実モノで客層も年齢高そう。まず泣けない訳が無い、といった感じのいい話なのだろう。なのになぜ行定監督??
カセチュウの時にも同様の疑問符が浮かんだ。彼のフィルモグラフィを見れば疑いを持たずにはいられないだろう。それほど、インディペンデント系(渋谷とか下北とか中央線とかいう形容でもいい)若手監督として注目されていた。永瀬とか浅野忠信とかがウダウダ同棲して夜中の高架下で喧嘩して薬やって始終ダルそうにしている映画の系統から、いきなりセカチュウかよ? そして吉永小百合かよ!??
矢口史靖とかもPFFで賞とって『裸足のピクニック』とか『アドレナリンドライブ』とか、そういった方向の映画を撮る人かと思いきや、『ウォーターボーイズ』が当って『スウィングガールズ』みたいな企画でしか撮らせてもらえないのかな、などという余計な心配してしまうほど、映画で飯を食うのは難しいのだろう。マンガ『め組の大吾』をドラマ化する際にメインタイトルが『ファイヤーボーイズ』になってしまうような悲しみを感じてならない。
仕事としてこなしたのか、どうしてもやりたい企画だったのか、行定の心情は知らないが、これが感動大作の顔をしていながら、細部の演出が実にステレオタイプな、まるで特撮ヒーローばりの大仰さなのだ。
#ちなみに以下、ネタバレ寸前あり。
たとえば、吉永小百合がレイプされそうになるシーン。寸でで豊悦が助けるのだが、その登場がスゴイ。吉永小百合を襲う倉蔵(香川照之)の顔をかすめるように横の木に飛んできたナイフが刺さる。ナイフの飛んできた方向を見るとそこには豊悦!
今日日水戸黄門とか必殺仕事人でもみないようなベタな演出。ラスト、豊悦が正体をばらして特攻するシーンでも、自らのこと(武士道がどうの今までの経緯がどうの)を浪々と語ってイザっ!ってな具合に刀を抜いて突っ込んでくる。子供が特撮ヒーローの必殺技をただひたすらに待ち構えるだけの敵役に「その間に逃げちゃえよ」とツッコミをいれるように、そんくらい大見得をきる豊悦。その後の展開もベタだし。
ことあるごとに、吉永小百合がいいこと言うと、まるでミュージカルのように役者が横に整列してるし、どこそこ構わず荒れた大地を耕し始めるし、文脈的におかしいだろう?という状況でも、明日への希望を見出した瞬間、間髪いれずにとにかく桑を持って畑を耕す。稲が根付かないといっているのに畑を耕す。
今にして思うと、テンションとしてはミュージカルかな。歌こそ歌わないけど、歌いだしてもおかしくないくらい状況とあわないアンリアルな演技に演出。役どころもステレオタイプで、長い話が結構なスピードをもって展開するので、そういう意味でもいわゆるマンガチックな印象を受けた。セカチュウはみてないけど、こういうマンガチックなベタができるってことは、ベタな恋愛モノで泣けるものつくれる監督なんだろうなって、予測がついた。
役と言えば、吉永小百合の気の強さってのも一応の説明がついているのだけど、動機付けが弱すぎる。というか無い。渡辺謙の気変わりも説明はあっても心理的に腑に落ちるレベルまでいってない。歴史に翻弄される人々というところで納得するしかないのだろうが、そういう心理描写の部分で歴史のせいにしてチャッチャと話だけ進めようってな感はぬぐえない。そこが尺の長い映画ながら時間を短く感じさせる由縁なのだろう。
時の流れには逆らえず、その中で如何に生きていくかという大命題を掲げながら、肝心の夢を信じて生きようと決めるに至る、その心理的プロセスが描かれていないので、なんでそこまで堪えられるのかが良くわからない。だから状況が悲惨なだけで、その悲惨さが解せないから、見ている側としては漠然と悲惨な状況をみせられている感じがして、そのブルーな気持ちだけが残る。もうひたすらにブルー。
ひたすらブルーといえば、山田洋二の『学校3』もひたすらブルーだったが、こちらは悲惨な状況でも心理的に理解できる描写がキチンとあった。なにも設定が現代だからというわけではない。たぶん、泣けるエンターテイメントの解釈の違いだと思う。
泣けるエンターテイメントをつくる場合、泣ける要素とかそういうものってステレオタイプとして殆ど決まっているのだろう。それをエンターテイメントの映画として成立させる場合、配役は人気どころ、話題性のある人は勿論として、そういった役者でわかりやすくつくるのに、『北の零年』は大仰でベタな演出という方法をとった。そういう点で言えば、『学校3』は大竹しのぶは話題性があったかもしれないが、小林稔二では渋すぎた。感情や問題意識という部分に重きを置いた分、エンターテイメント性は低いといえる。
その点、『北の零年』の感動度合いとしてはどのように受け取られているのか、非常に興味深いところではある。
以下は蛇足だが、舞台セットが日光江戸村のようにチャッチくみえたのは残念だったが、ロケパート、特に5年後になる前まではかなりよかった。話題の吹雪のシーンは圧巻で、冒頭の浄瑠璃のサクラも見事。そしてなんといってもイナゴ! 馬もよかったが、とにかくイナゴ。イナゴがスゴイよ、イナゴ! ある意味、イナゴ映画かもしれない。イナゴ嫌いは見ないほうがいいかと。気持ち悪いくらい。CGいい仕事してるわ。

|

« SEED DESTINY は自衛隊に見えないの? | トップページ | ボトムズDVD~今出るとそそられるが、買うべきか… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173075/6510318

この記事へのトラックバック一覧です: 1日ブルーな3時間弱:

« SEED DESTINY は自衛隊に見えないの? | トップページ | ボトムズDVD~今出るとそそられるが、買うべきか… »