« ソコハカトナク切ない80年代~アイドル歌謡編 | トップページ | ソコハカトナク切ない80年代~なぜにアニメで? »

ソコハカトナク切ない80年代~閑話休題

前回の記事で誤字を発見。立花由佳ではなく橘友賀。確か漢字間違えてるような・・・と思ってググった次第。

 
検索結果を見て誤字であることを認識。「そうそう、こんな漢字だった」なんてみていたら、ある驚愕の事実が発覚!
 
きまぐれオレンジロードのOVAにてエンディング『ときどきBlue』(この歌がソコハカトナク切なかったわけ。作詞は澤地隆。池田政典の迷曲『Never』も澤地氏の作)を歌っていたのが初の認知だと思っていたら実はこの以前に知っていたのだ。
 
はるな友香→橘友賀→Youca→内八重友賀(うちやえゆか)と改名しており、そう、はるな友香こそ、16連射で一世を風靡した高橋名人の妹コンテストで妹に認定されていたその人だったのだ。
 
当時発刊された『高橋名人物語』にも載っていた。
 
なんだか自分の成長と同期して芸能界を彷徨うアイドルと、妙なところでヒョッコリつながっているというのはよくあることだが、で、現在はどうしているかというと、歌手活動を続けているそうだ。
 
ふたりはプリキュア ボーカルアルバム2 VOCAL RAINBOW STORM!! 先ほどググった検索結果の中に、『ふたりはプリキュア』というアニメのヴォーカルCDというのが出てきた。その中には、うちやえゆかのほかに、本名陽子の名も目にすることが出来た。スタジオジブリのアニメ映画『耳をすませば』にて大々的に売り出されたが、その後は時折アニメ関連の仕事を目にする程で、フェードアウトしていったような印象がある。
 
こういうところでアイドル墓場(失礼!)的な発掘があるというのも面白い。他の歌手は知らないが、調べてみると意外な因果関係が見えてくるかもしれない。

|

« ソコハカトナク切ない80年代~アイドル歌謡編 | トップページ | ソコハカトナク切ない80年代~なぜにアニメで? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173075/6510315

この記事へのトラックバック一覧です: ソコハカトナク切ない80年代~閑話休題:

« ソコハカトナク切ない80年代~アイドル歌謡編 | トップページ | ソコハカトナク切ない80年代~なぜにアニメで? »