« 異能生存の存在証明(3)~装甲騎兵ボトムズ再考 | トップページ | 異能生存の存在証明(5)~装甲騎兵ボトムズ再考 »

異能生存の存在証明(4)~装甲騎兵ボトムズ再考

第1回  │ 第2回  │ 第3回



3.倫理における神の存在

ギリシアの古典哲学では、神という概念ではなく、徳・真理・善・知・福が大事だったみたいで、ソクラテスなんかの徳の研究 から、倫理学が創始されたくらい。
で、本質(永遠・不変)の世界であるイデア界と感覚界(現象界)という我々の、イデアを不完全な形で模倣(分有)した変化の世界という二世界説を展開したイデア論 がプラトン。エロスという魂のあこがれが、イデアを想起させるのだそう。有名なのが、3角形のイデアで、三角形の原形は内角の和が「2∠R」で、我々が鉛筆で書くときの線などない真の三角形。でも、我々はそれを知りつつも、実現することができない。
科学で取りざたされた問題は、往々にこうしたイデア的な問いであり、その解として神を宗教的世界観ゆえ、持ち出してきた。アリストテレス の四つの基本元素も、天界にある第五の物質、エーテル を含め、中世錬金術のエーテル(賢者の石)の探求を経、化学における定量的研究(量子力学など、原子、ニュートリノ の研究の流れ)のもととなった。
先に紹介した「自然発生の否定」の考えは、アリストテレスの「形相 」と同じで、イデア的な、超感覚的存在を否定し、発達・成長の原理を追及した。
以後、ヘレニズム、ヘブライズムを経、ローマ帝国期、ルネサンス、宗教革命へと移行する。こうした歴史的推移は皆さまの知るところでもあるし、取り立てることもないが、理性と信仰の合一、ドグマ の確立などに見られるように、神というものが漠としてあるため、トマス・アキナス神の存在証明 にしろ、ルネサンス期の人間中心主義までは絶対的かつ便利な信仰対象でしかなたったといえよう。
神中心の世界、世界を超越した神から、世界に内在する神(能産的自然スピノザ )という汎神論へと移行する。ちょうど自然科学の発達(コペルニクス/ガリレオ/ケプラー)により、知と信仰の分離も始まる。これはこうした時世もあるが、以前強く神に捕らわれていることは前章に述べた通り。やはり時世からか、政治、道徳、自由意志が人文主義では取りざたされた。宗教改革でルターカルヴァン が台頭し、特にルターは近代の個人主義・主観主義の源泉となる。
以後、神はその歴史ゆえ、表舞台には立たなくも、問題にはされる。しかしその程度ではあるといえる。故にニーチェ はある意味で「神は死んだ」といわなければならなかったのだろう。ちなみにニーチェのいう超人とはキリコ的ではない。超人とは人間にとって可能体であり、キリコはいわば天然となる。この超人のように、倫理の対象は人となり、その関係としての世界、さまざまな事象となる。神は語られなくなったわけではないが、神は相対的な対象でしかない。問題として、いわば絶対的な存在ではなくなる。

大雑把で不足の多い概要となったが、実際神との関係を見出すとき、結局は歴史的な問題となるので、近代以降は扱えない。イギリス経験主義として扱われるバークレイ なんかは『人間知識の原理』で「物体」の実体性の否定から、神と精神の実体性は確実なんていってるんだけど。経験主義のある種の先天的とされる観念の否定(見えているものを生まれる前からそうでると誰が断言できる?ことから経験的に知覚できないものへの極端なまでの懐疑に陥る)は、ある部分キリコ的態度といえる。が、キリコ的懐疑が顕著なのは現代思想を待たなくてはならない。先にレヴィ=ストロース について述べたが、彼以降の思想でキリコの異能者としての存在がある程度見えてこよう。数学の基礎論 が元で、思想界にすさまじい影響を与えた、ゲーデルの不確定性理論 がそれで、「数論の無矛盾な公理系は必ず決定不能な命題を含む」。分かりやすく曲解しちゃうと、なにかが「ある」ということを証明するなかに、謎の要素が必ず存在する、ということ。これまでの話の流れでいえば、宇宙の成り立ちを証明するなかには、ビックバンを引き起こす要因(神の見得ざる手)という、謎の要因が必ず絡んでくる。それを証明しようとすると、ビックバンを引き起こす要因は知りうることはできない、つまり「ない」という結果が導き出される。つまり「ない」のにビックバンを引き起こす要因が「ある」と思うのはどういうことなのかと。
つまり、「ある」はずのなかに実は存在性はなく、あるということを「ある」べき要素が決定できない。わけがわからないのだけど、この時点ですでに神を絶対的なものとして取りざたするのはナンセンスとなる。ないものなのにあると信じて疑わないのでは証明にならないから。その神を信じて疑わなかった歴史こそ科学のロマンティズムで、神が絶対的でないからこそ言えるお楽しみだったのだろう。
ここで『ボトムズ』に敷衍してみよう。「ある」という存在性だけで、ただ彷徨うキリコという存在が、権威が失墜したとしても体制としてあるアレギウムの世界にいたとしたら。地動説どころの話ではない。それは科学者的見地からいえば、異能者であり、教会的見地からいえば、触れえざるものとなって当然。異能者という点で見ると、異能者を見た後、ペールゼンはレッドショルダーをつくり、PSを開発する。この流れの面白いところは、卓越した能力を持つものの集団、つまりは(生身の人間という可能体からの)超人集団をつくろうとし、その次に人間兵器(超人的な超越ではなく、科学的に人間には肉体的に無理な限界を超えたを始めから創造してしまっている)という点にある。ゲーデルの証明はコンピュータなしでは考えられなかったものだし、コンピュータ的(人間に不可能なことをする意味で)なPSへと登る段階は不思議な符号の一致にみえる。実際、クローン人間、人工知能、人工生命の研究がされている。
ということは、現在の思考実験などから、キリコ的なものがみいだせ、さらにはそこからボトムズという作品が見えてくるんじゃないだろうか。


つづく...

|

« 異能生存の存在証明(3)~装甲騎兵ボトムズ再考 | トップページ | 異能生存の存在証明(5)~装甲騎兵ボトムズ再考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173075/5310981

この記事へのトラックバック一覧です: 異能生存の存在証明(4)~装甲騎兵ボトムズ再考:

« 異能生存の存在証明(3)~装甲騎兵ボトムズ再考 | トップページ | 異能生存の存在証明(5)~装甲騎兵ボトムズ再考 »