« 映画『立喰師列伝』雑感~その1 | トップページ | 映画『立喰師列伝』雑感~その3 »

映画『立喰師列伝』雑感~その2

その1  | その2  | その3 | その4(オマケ)

立喰師列伝 通常版 DVD 立喰師列伝 通常版

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2006/09/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その1はコチラ
今回も冗長とか衒学的とか言われ兼ねないマシンガン・ナレーションが展開されるが、これまで多く押井作品を評して語られる種類の哲学的とされる言説とは一線を画している。簡単に言えば、キャラクタが論じる自らの存在や世界に対する問い掛けは、作品や物語、引いては映画に対しての自己言及的な弁論ではなく、食べるという状況(食そのものではなく)に対して述べられている点だろう。
そんなこと見れば一目瞭然で、わざわざここで自分が述べるべき事柄ではないのだが、過去幾度か述べてきたように、押井作品を殊更愛好する輩は哲学的論及と安易に目されやすいセリフ回しが好きなのだと思われているようだし、事実妥当する言説も多くある。最近はこういった映画に対してどうこうと話し合うような環境から遠くはなれたため、『立喰師列伝』が斯様な層に概ねどう評価されているのか知る由も無いが、そういった向きには些か消化不良というか、楽しめたけど、完全燃焼できなかったのではないだろうか。そう思うのは、前述の通り、そのマシンガン・ナレーションの内容が食べるという状況を巡るそれだったからだ。
自分が過去幾度か述べてきた事例というのは、自己言及やそれを巡って構成された作品構造を殊更に取り上げるあまり“それによって見えてくるもの”を見失っているのではないかという指摘に他ならない。なんで自己言及なのか、なんでメタフィクションなのか・・・映画が映画であるその属性にこそ、映画でしか出来ない快楽があるはずだ。小説やマンガで代替できるカタルシスであれば、わざわざ映画にする必要は無い。映画じゃなきゃならないこと、それを巡ってキャラクタが、構造が、自らを構成する映画について言及すること、その瞬間こそ、映画が起立するんじゃないか。その瞬間の気持ちよさを、人は映画に見出しているんじゃなかろうか。
もちろん、マシンガン・ナレーションが発語という音としての響きのカタルシスはある。その文意を理解しようとしまいと、日本語の語感としての気持ちよさがあるはずだ。この映画に限らず多くTVなどでもクレームとして「意味がわからない」「なにを言っているのかわからない」があるが、世の中全て所在がはっきりしていればいいというものではない。聞こえなくてもいい、見えなくてもいいという瞬間があるはずだ。耳を澄ます、目を凝らす、もしくは聞こえるか聞こえないか、そのあやふやな間を愛でるという、日本人が得意であったとされたはずの“間”の世界はいつしか押しやられ、なんでも明瞭がよしとされる傾向は如何なものか。
閑話休題。語調としての気持ちよさは、劇中でも次第に講談口調のナレーションになったりと、恣意的なのか、随所に感じ取れる。よく聞こえなくても意味がわからなくても、気になれば2度見ればしいのだし、後で調べればいいのだし、それくらいのユトリというか自由度が映画にはもっとあっていい気がする。映画見るのに、ちょっと聞こえないとか文意がつかめないくらいでギスギスしたくない。
こうしたカタルシスが押井作品の魅力の一つではあるが、どこか意味というか理由付けをしないと腑に落ちない。というか、理由付けをすること=作品を理解することが押井作品の評論であるということに堕しかねないというのが指摘した危うさである。理解する自由があるのは当然だが、その見方だけが全てではない。
とはいえ、劇中で語られる言及には、食という状況にまつものでありながらも、これまでの押井作品に似た語られ方をする部分もなかったわけではない。フランクフルトの辰の述懐がそれである。
 
つづく...
  ←クリックいただけるととても喜びます

|

« 映画『立喰師列伝』雑感~その1 | トップページ | 映画『立喰師列伝』雑感~その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173075/4085504

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『立喰師列伝』雑感~その2:

« 映画『立喰師列伝』雑感~その1 | トップページ | 映画『立喰師列伝』雑感~その3 »