« 映画『立喰師列伝』雑感~その3 | トップページ | Buckfunk 3000 / FIRST CLASS TICKET TO TELOS »

他愛もない内輪ネタ~映画『立喰師列伝』雑感その4

その1  | その2  | その3 | その4(オマケ)


観劇からだいぶ時間が経ってしまい、語るモチベーションも低下してしまった今となっては、DVDによる再鑑賞後に記すべきだと思うが、まぁ備忘録として思いつつままに書き並べておこう。
それもこれも、暫く放置しておいた自分の責任なのだが。。。


渋谷で公開されていた劇場「シネクイント 」はリニューアル後の杮落としとして妙に力を入れていた。場所柄、シネマライズ至近、それもパルコ内とあればもう少しコ洒落た映画でもかければいいのにと思うが、まぁ内部にそういう人がいたんでしょう。前夜祭やらなんやらとやたらにイベントをしかけ、押井作品の立喰ネタ、それも「うる星やつら」の立喰ウォーズあたりを上映してしまう程の力のいれっぷり。押井ストを自称する輩でも押井CDうる星をコンプリートしているのはどれだけいるんだろうか。「ヤットデタマン」もかけたみたいだし、そういう意味では貴重な上映会だったといえるかもしれない。
流石にジリオンのビーフボールまではフォローし切れてないようだったが(丸輪零の名義で脚本。あれ、Wikiで演出になってるけど、演出したかなぁ?? )、今回はそういう話をする予定じゃなかったのに、逸れまくってしまった(^^ゞ


紅い眼鏡劇中に、「紅い眼鏡」の映像などが挿入されたりしていたが、これにはキャプションもついていたし、気づいたというレベルの問題ではない。 もちろん、犬丸のゴトが「御先祖様万々歳!」のそれと告示していたことは指摘に値しないだろう(構成上の問題が、語りの間合いが短く、本来のものと比べてとても物足りなかったことは付記しておこう)。
自分にとって押井作品の1番というのは決めがたく、いくつもの作品が時期時期に浮き沈みするが、特に思い入れのある作品の内の一つに、「ストレイドッグ」がある。宣伝上、どうしても“地獄の~ナンチャラ”というタイトルにしたかったらしく、公開時は「ケルベロス~地獄の番犬」になった。フジテレビが絡んでいて、深夜帯にはTVスポットも打たれていたのだが、これがなんともVシネマのようなもので、実際劇場にヴァイオレンス銃アクションを期待して呆気に取られているカップルを目撃した。
まぁこの映画自体、ドンパチやります、プロテクトギア50体ドカンと出します、といって、既成事実だけつくってだまくらかしてでっち上げられた映画のようで、全然そんな内容ではないのだけど(プロテクトギア50体にいたっては1カットのみ!!)、映画内に流れる時間がすごくユル~くて、なんともいえないトリップ感があって、好きな風景だけに囲まれてたゆたうような時間がもう堪らない。晦渋なる台詞回しとかないんで、ファンの間でも黙殺に近い扱いを受けている映画(先に記した公開記念イベントで上映された作品のうち、パトレイバーの「その名はアムネジア」自体がストレイドッグ 「ストレイドッグ」のパロディで、音楽も川井憲次自身が自作をパロったような曲になっていた)。
で、その既成事実のプロテクトギア50体が牛丼の牛五郎軍団のシーンと配置がソックシ! カメラを引きながら、どんどん牛五郎が逆三角形の配置に増えていくというもの。それも背景が真っ黒(この映画全編通して背景が黒ばかりだけど)な上に増えていくものだから、「うる星やつら2」で面堂終太郎が、この世界は誰の見た夢なのかを推理するシーンの逆回しのようで、このあたりはニヤニヤしっぱなしだった。


他にもいっぱ~いあったのだけど、御免、完全に失念。
これじゃ備忘録にもならないのだけど、他に気づいた方はコメントくれると嬉しいッス。DVDで見返したときにでも続きは…書くかなぁ(~_~;)


←クリックいただけるととても喜びます

|

« 映画『立喰師列伝』雑感~その3 | トップページ | Buckfunk 3000 / FIRST CLASS TICKET TO TELOS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173075/4085477

この記事へのトラックバック一覧です: 他愛もない内輪ネタ~映画『立喰師列伝』雑感その4:

« 映画『立喰師列伝』雑感~その3 | トップページ | Buckfunk 3000 / FIRST CLASS TICKET TO TELOS »