« ボトムズ論補稿(2) | トップページ | ADVENT / EVERYTHINGS GONE GREEN »

ボトムズ論補稿(3)

 | 第1回  | 第2回 | 最終回
さて、前述の頂いた資料というのに、女性の『ボトムズ』ファンの方々による同人誌も入っていた。『ボトムズ』の背景を用いた創作小説なのだが、そのあとがきというかフリートークに、痛烈な、異能生存体、及ぴ『赫奕たる異端』批判があった。

つまりは、キリコが異能生存体でなければフィアナは死ななくてすんだ、わざわざ解凍してまでして再び戦火の中に戻す(そしてフィアナを殺しちゃう)なんて無駄じゃないか、ということらしい。

まあ、ごもっともな話である。確かに、殺すためにわざわざこしらえた話といってもいいくらいで、そうやってみると、確かに嫌な話である。そういう観点でみるのは、こういう言い方は好きではないが、女性ならではの観点ともいえると思う。ある種の感情移入というか、好きで、愛着あるキャラクタならなお更、鑑賞者は死というものに対して敏感になるだろう。

しかしキャラクタが死ぬことがそんなに悪いことだろうか。特に戦争を扱うものでは人はたくさん死ぬ。故に演出家に倫理が問われてくるのだが、物語に於いて人が死ぬという要因は必然という名の演出であって、往々にして意味、そして多くの作品は安易な感情付けとして機能する。

前述の拙稿『異能生存の存在証明 』では、キリコがTVシリーズでは戦争のない世界に行くという、選ぱれた、特殊化した存在として描かれたため、ただの一介の、そこにあるもの(まさに「犬」)に還元するために用意された物語としてフィアナがある、と解釈した。

しかし、フィアナが死んでまずいとなるとその筋書きが危うくなる。個人的にはこの解釈を訂正する気もないし、キャラクタは演出上、意味を付帯された記号にすぎないと思っているし、故に、作品は鑑賞者の都合で更新されない(押井守でいうなら『御先祖様万々歳!』での文明いわく「キャラクタが抱える近代の苦悩」)。

ならば、ということであえて言えば、フィアナではダメで、そこら辺の一介の兵士なら死んでもいいのか、ということになる。しかし、その女性ファンの文章を読んだ限りでは、恐らく、殺しかたに問題がある、と言いたいようだが、果たして死ぬことに対して、その方法や死んでもいいやつ/悪いやつがあるのだろうか。

それに『ボトムズ』の魅カとして、先の稲葉何某の指摘するように、単なる量産型兵器に載る一介の兵士であるところのキリコが設定としてあり、故に魅力的で、創作小説の書けるような一要因であることは否めないのではないか。


特殊であることから翻っての一介性(平凡、一般とも)、この両者の対比関係が『ボトムズ』という作品を支えているとは、今日までの数々の『ボトムズ』にまつわる現象、証言が語っていると思う。


【了】

←クリックいただけるととても喜びます

|

« ボトムズ論補稿(2) | トップページ | ADVENT / EVERYTHINGS GONE GREEN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173075/4085434

この記事へのトラックバック一覧です: ボトムズ論補稿(3):

« ボトムズ論補稿(2) | トップページ | ADVENT / EVERYTHINGS GONE GREEN »