« '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~前田ひろゆき | トップページ | '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~開田裕治/アウトロ »

'06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~工藤稜

イントロ  | 前田ひろゆき  | 工藤稜  | 開田裕治~アウトロ

 


工藤稜サイト「くま画廊」


恥ずかしながら工藤氏を知らなかったのだが、作品を見てピンと来るものがあった。特撮モノを中心とした、食玩のパッケージイラストや双葉社の大全シリーズの表紙イラストを手がけている方で、その独特の作風に覚えがあったのだ。


今回の展示ではそうしたアニメ・特撮系の仕事の他に、自身の美術家としてのドローイング (←クリックで氏のドローイング作品ページへ)も併設されていた。ドローイングだから当然といえるかもしれないが、勢いのある線で描かれていて、氏の躍動感溢れる方向性のある画、こういってよければ力学を感じる画の原点を見たような気がした。

それまでは、戦後の戦艦や戦闘機などのプラモデルのパッケージ、往々にして小松崎茂 氏の手がけたイラスト的な、特撮好きが小さい頃から憧れ、親しんできた世界を昇華した作風なのかと判断していた。もちろん技術的な蓄積は相当なものだろうが、どこかプラモデルのパッケージやメンコや紙芝居のような、いい意味で胡散臭い空気が全体に漂っていて、単に画の技術的な関心以外の部分で、ヲタ心、いや多くの男の子の心をくすぐる何かがある気がした。それと同時に絵描きとして、美術家としての側面が融合しているのだから、画の説得力がないわけがない。
しかし自分はそこに、どこか女性的なものを感じずにはいられなかた。勢いがある画風なのに、“漢”というより女性的なシルエットの曲線的柔らかさがあるような・・・以前なにかのインタビューで、描かれる対称としての男・女という性別ではなく、絵描きの持つ女の絵・男の絵というものがあると押井守が言っていたのを思い出した。パトレイバーがらみの話だったか、ゆうきまさみ・出渕裕コンビは女の画にしかならない・・・みたいなことだったかな。良い悪いじゃなくて、工藤氏の画は女の画だなぁと。

つづく

←クリックいただけるととても喜びます

|

« '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~前田ひろゆき | トップページ | '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~開田裕治/アウトロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173075/4085408

この記事へのトラックバック一覧です: '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~工藤稜:

« '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~前田ひろゆき | トップページ | '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~開田裕治/アウトロ »