« '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~イントロ | トップページ | '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~工藤稜 »

'06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~前田ひろゆき

イントロ  | 前田ひろゆき  | 工藤稜  | 開田裕治~アウトロ

 

'06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa <ギャラリーサイト

[イラストはMoPiX よりリンク]
前田氏は、松下進のところの人<http://www.susumumatsushita.net/ >全快というか、よく見るファミ通の表紙イラストがメイン。デカいのを改めてみると、キャラクタイラストの見せ方みたいなもんがしっかり伝承されているという印象を受けた。ひとつの芸というか技術として確立されたものを感じる。

画のオリジナリティという点ではつまらなさを感じる向きはあるのかもしれないけれど、イラストはアートであると同時に商売であって、お金を出す人がいて、キャラクタに付随する商品というものが別にあって、そういうなんやかんやの中で描く画が決まり、その画を完成させる(納得させる)ことでオマンマが食べられる世界だと思うから(そうだよ・・・ね?)、その中にあって何を吸収し、どこに自分をどうやって出して行くかってのが問われてくるんだろうね。

画の脇にプロフィールやメッセージ的なボードが添えられていたが、なるほど、ミッキーなどディズニーのキャラクタ世界の流れを受けている部分があるのねぇ、と妙に納得してしまった。そういう体系の中でも自分が出てくる瞬間ってヤツが面白いわけで、その意味で仮面ライダーブレイドのイラストは突出しているというか、面白かった。あ、別に松下進のあのベアーの目をした仮面ライダーじゃないっすよ。いわゆるリアルな等身で、描かれ方にらしさがみられるって感じ。FFの松下キャラってのとはちと違う。あのデフォルメされた感じではない。カッチリした丁寧な画なのだけど、ライダースーツのテクスチャの、バトルして汚れたりとか傷ついたりっていうリアリティじゃなくて、いくら闘ってもヒーローはキラリとしているというキャラクタとしてのヒーローの、いい意味でのキレイさ、煌びやかさが前面に出ている。バトルしてこんなキレイな身体じゃないだろうってウソ臭さは皆無。キレイでも画になっていて説得力がある。こういうところはサスガとしか言いようがない。

つづく

←クリックいただけるととても喜びます

|

« '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~イントロ | トップページ | '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~工藤稜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173075/4085415

この記事へのトラックバック一覧です: '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~前田ひろゆき:

« '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~イントロ | トップページ | '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~工藤稜 »