« '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~工藤稜 | トップページ | PATRICK PULSINGER / PORNO »

'06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~開田裕治/アウトロ

イントロ  | 前田ひろゆき  | 工藤稜  | 開田裕治~アウトロ

開田裕治サイト「開田無法地帯」

イラスト作品は工藤氏サイトよりリンク

自分にとっては中学時代に目撃したパトレイバーやボトムズのイラストが強烈に印象深かったイラストレーターとして今でも脳裏にこびりついている。ロボットモノのイラストというと、漫画よりもアニメ作品の方が多いからか、セル画なものが多く、自分が学生時代にブレイクしたFFSの永野護 のような明るくファンタジックな画風を多く目にしていた中にあって、横山光輝のロボット画やガンダムの大河原邦男 のような、いい意味でバカバカしくもスケール感のある重厚な、とりわけ黒というか闇の重さのある画でダークな空気は目を引くに十分すぎるものがあった。
そうした、重厚な割りにフィクションとしての戦後的昭和的胡散臭さは、これまた小松崎茂を引き合いに出すまでもなく近未来趣味的な要素を帯びるわけで、それが逆に、ロボットアニメの作風自体が戦争といった重いテーマよりも勇者者などのライトな作風へとシフトする中で、レトロ感とでもいえるような雰囲気を醸し出していた。

以上に引用した作家を追うまでもなく、そこにはプラモデルのパッケージ的なものを想起せずにはいられない。そうしたテンションを帯びたロボット画は他に出渕裕くらいなものだったろうか。些か時代がかった見方かもしれないが、現在のガンプラのパッケージに違和感を覚えるのは自分だけではあるまい。それは、食玩が高年齢層をターゲットにしているからか、旧時代的なパッケージイラストをとるケースと無関係ではないだろう。


もちろんそうした作風を今回随所にみられたわけだが、個人的感慨として大きかったのは雑誌『宇宙船』の表紙を飾ったイラストが展示されていたことだろう。『宇宙船 』はまだオタクという言葉がなかった頃、特撮とその周辺を巡るカルチャー誌で、今回の開田氏の作品が表紙だったことは認識していなかったが、SFと特撮がオタク文化の中で未分化だった頃のテンションがまざまざと思い起こされた。
オタク的なる文化は今では様々のジャンルに細分化され、当のオタクですらその全容を把握しておらず、他ジャンルに関しては門外漢に等しい輩も少なくないだろう。今のようにオタクをターゲットとしたマーケットが成立しておらず、ネットもない状況下で、オタク的なるものは何れも当価値に摂取せねばならないほど、情報に乏しかった。20~30年前はそんな状況だっただろうか。
その当時のものといえば、アニメ・マンガ以外に特撮とSFが未分化であり、ここにガレージキットなどの模型、ひいては鉄道や無線などが付随するケースも往々にしてあった。それぞれに得意不得意分野はあったにせよ、ある程度の共通意識は今よりも強かったのかもしれない。今更な例で申し訳ないが、宮崎勤はウルトラセブン幻の12話 所有を自慢にしていたというし、ガイナックスの前身である「DAICON 」フィルムもその内輪的ネタにSFや特撮のモチーフで溢れかえっていた。


その時代がいいか悪いかはともかく、開田氏の展示作品を筆頭に、今回はそのテーマでもあると思しき特撮再考(最高!でもある)という側面が、3氏の作品から溢れ出ていたように思う。
いまや特撮といえども、オタク文化の中では限られた狭いジャンルとなってしまったようで、些か隔世の感は否めないが、性的な面で何ら臆面のないようにしか思えないアキバ文化の極端な偏向(メディアがそこばかりピックアップしているからだろうが、事実オタクビジネスとして最も、唯一成立する部分であることは否めないだろう)に違和感を覚える身としては、とても居心地のいい展示会であり、単なる懐古趣味に没しない可能性すら感じられたのは、収穫といえるだろう。


【了】

←クリックいただけるととても喜びます

|

« '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~工藤稜 | トップページ | PATRICK PULSINGER / PORNO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173075/4085402

この記事へのトラックバック一覧です: '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~開田裕治/アウトロ:

« '06.7/15-23『3人の角度展』@青山GoFa~工藤稜 | トップページ | PATRICK PULSINGER / PORNO »