« 引越してきました | トップページ | 文脈と前提~島田雅彦『彼岸先生』 »

『卓球温泉』~あの日の映画館

久々のUPは以前書いた映画のコラムが出てきたので載せてみます~
※これまた久々にlivedoorムービー“映画を語ろう”にUPしました。


最近映画館に行ってないんだけど、無性に映画館に行きたくなった。そんな映画。
特別どうというところもなく、まあ、多くの人はわざわざ見る必要を感じな い、よくある日本映画だけど、なんか熱い。

題材が卓球と温泉という単純且つ渋いセレクトで、確かに個人的に琴線を震えさせるものではあるのだけど、カメラ ワーク、配役、役者回し、そこら辺が廃校舎という背景と相まって、古くさい映像空間が出来上がっている。
スチール臭いというのかな、妙にクサいBGMとは 違う、意図とちょっと外れた部分で、映画そのものの郷愁が出ちゃっている。コ汚い映画館にふと行きたくなる瞬間。映画じゃなきゃダメっていう、そういう感 じ。
じゃあ、この映画を映画館で見ればよかったかっていうと、それはちがくて、その起爆剤になったって事。次週は「ザ・ロック」をやるそうだけど、これに はそういう映画臭さはないのね、当然だけど、別もんだから。
これは邦画って部分が結果として強いんだけど、邦画に限った話じゃなくて、タルコフキー(ノス タルジアとかアンドレイ・ルブリョフかな)とか、トリュフォーとか、ケン・ラッセルとか(脈絡ねーな)、ああいうのにもある。あと、ATGはそう。モロそ う。ACTシアター系の映画館に足を運ぶ感覚。
そっちの映画のはしごした映画青年なら共通感覚としてあると思うんだけど。必死に映画見るっていうか、雰囲 気に酔ってるというか。これは、いまさら80年代の歌謡曲、斉藤由貴とか中山美穂とか聴いて、妙に切なくなってしまう感じかな(これについては別項に記載あり)。そういうわけで、映画館に 行きたい!

【初出:1999年6月19日】

●舞台になった温泉田沢温泉 ますや旅館、なかなか鄙びたいい旅館♪

Music 卓球温泉

アーティスト:サントラ
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:1998/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

←クリックいただけるととても喜びます

|

« 引越してきました | トップページ | 文脈と前提~島田雅彦『彼岸先生』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173075/4083866

この記事へのトラックバック一覧です: 『卓球温泉』~あの日の映画館:

» 田沢温泉 [温泉で一杯いかがですかHP]
田沢温泉田沢温泉(たざわおんせん)は、長野県小県郡青木村(旧国信濃国)にある温泉。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL... [続きを読む]

受信: 2006年11月18日 (土) 03時38分

« 引越してきました | トップページ | 文脈と前提~島田雅彦『彼岸先生』 »