« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

初日には行かない!

監督・ばんざい!』『大日本人』の公開を明後日に控え、メディア露出も盛んな昨今、あんな記事をUPした手前、なんか書いておかなくちゃなぁという衝動にかられた。というのも、あの記事を書いてからというもの、このブログではこれまでにないほどのアクセス数で、なんかこう、無言の圧力のようなものを感じているのだ。
なんかね、ファンだとかいうと、初日並ぶとか、そういう風に思われがちだし、実際のところ、学生の頃はそういうことをしていたわけで。でも映画だから、いつ見ても一緒だしね。どうせ見るなら空いてる時に確実にいい席確保してみたい。1日でも早く見たいという欲求がなかったかといえば嘘になるが、それよりも昔は初日という名のイベントに参加してる感覚が強かった。なんかそういうの、肉体的にというより、精神的に疲れちゃった。そもそも仕事でいけないし、まぁ学生の特権ということで、いいんじゃないでしょうかと。

で、みる前に情報とか入れない性質なのだけど、大日本人はこっちがアクションおこさなくても情報が向こうから入ってくる。それらによると、どうもお笑いみたいね。自分が抱いていた危惧はどうやら杞憂に終わりそうだが、今朝のめざましTVで松本本人が気になる発言をしていた。
TVでコントをつくれないから映画で
といった主旨だったように記憶している。加えて、映画でやる以上、TVのコントとといっしょだと思われないようなつくりにしたとも。
松本のコントやらない発言は、以前の漫才やらない発言と同様、折に触れ耳にしてきたが、現在のTVでのお笑いに求められているものがコントのような作り上げるお笑いではないという危惧に依拠する発言であるとともに、自らがごっつを復活させたときの反応が大きく響いているように思えてならない。あの特番は非常に良く出来たと個人的にはとても楽しませてもらえ、再レギュラー化を予感させるものだったが、数字は10%ほどと泣かず飛ばずで、松本への批判の声が大きかったと本人が述懐していたように思う。なんでアレを否定するのか、まったくもって理不尽極まりない状況だし、自分の周りのアレをみた多くの人間の声とは相反するものだった。受け手の側の声は視聴率という数字でしか現れず、実際の声としては業界内でしか囁かれないものなのだろうか。
もしそうだとするならば、映画界というよりTV業界側からの評価というのが、松本映画が今後多産されるかの鍵を握っている気がしてならない。コントすらつくれない状況にある世界、これはもしかしたらこれまで危惧していた状況より想像を超えた酷い状況が待っているかもしれない。
北野VS松本という構図が作られているようだが、なにをもって勝ち負けとするのか。これまでの北野映画の興業収益パターンから行くと今回は酷評パターンな気がするので、現状では話題性とダレも未見と言う要素で松本に分があると思うが、ここでも実際に5年10年とひとつの映画を嗜好し続ける受け手の評価ではなく、公開して暫くの間だけの興業成績がもっとも力を持ってしまうのだろう。ひとつの映画が好まれ続ける状況というのは、その数字では出てこないのに、大きなお金の動く世界、やはりそこでみるしかないのだろうか。
映画を文化とあげつらう気はないが、1受け手として、自分の嗜好の仕方があまりにも反映されない状況に歯がゆさを覚えてならない。

ともあれ、2作とも見たら、なんか書くんで。

←クリックいただけるととても喜びます

| | コメント (0) | トラックバック (1)

将軍様の鉄道 雑感

将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情

Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/旅行・娯楽


奇しくも南北に鉄道が通ったというニュースが入ってきたばかりのUPで、そのタイムリーさに驚きを隠せないが、本著は北朝鮮の鉄道事情について書かれた1冊である。恐らくここまで北朝鮮の鉄道をピックアップして掘り下げた本は他にないように思われる。中身でも触れられているが、国の事情が事情ゆえ、詳細に調べられないからだろうが、それにしても過去の断片的な資料からなんとか筋道を立て、鉄道路線図まで作成してしまった、著者の鉄分の多さには脱帽である。
車両のページでは図版が用いられているが、取材できなかったものに関しては、切手のイラストで紹介されていたりと、涙ぐましい努力の跡がなんともほほえましい。

しかし、斯様に過酷な資料集めにあって、添付のDVDの画像の鮮明さはなんなんだろう!? 「北朝鮮の車窓」からという某番組のようなタイトルに、石丸謙二郎のナレーションを期待してしまうが(溝口肇のテーマソングまでは望んでないが^^ゞ)、BGMのない、淡々とした20分ほどの映像だった。オマケだから凝ったつくりを望む方がどうかしてるし、資料という点では音楽やナレーションは雑音でしかない。そう、本著の図版からは想像できないほど、はっきりくっきり映っていて、資料としてこれはなかなかの映像ではないだろうか。ニュースバラエティでみる北朝鮮の映像とは比べ物にならない。そりゃあれは潜入取材だからといえばそれまでだが、特に車窓からの映像は圧巻で、郊外の荒涼とした風景に突如としてプロパガンダの掲げられた駅ホームが登場したり、平壌の薄暗い地下鉄駅や、ビバリーヒルズ的バカみたいな青空の下、緑の中を走る路面電車等等、現在の北朝鮮の象徴的なギャップが楽しめた。

もちろん、本自体も鉄道という切り口でよくまとめられたとは思うが、どうしても物足りなさは残った。本のつくりの割りにページ数が少なく、内容の重厚さに欠く。そりゃ情報が制限されている国だし、鉄道という側面でまとめてるのだからしょうがないとは思うが、やはり政治的な側面とは切り離せない国柄なので、日本統治時代から現在に至るまでの政治や思想を絡めた濃さが加わればよかったかなぁとは思った。でもそこは不可避とはいえ、本に出来ない内容になっちゃうのかなぁ。。。
鉄道という観点でいえば、本著を見るまでも無く海外からはロシア・中国といった大陸の内陸部から北朝鮮へ入国するのは陸路だから当然だが、北朝鮮へ入国する手段としてはなにも陸路ばかりではない。空からは首相クラスで無いとムリだが、観光ということでは韓国からのツアーを用いた海からの入国が可能である。中国側からの鉄道での観光もできるようだが、北朝鮮の南東部、韓国に跨る金剛山は観光地・景勝地としての歴史が長く、かつては日本人も深く関わり、また会談など政治の舞台にも幾度となくなってきた場所である。こうしたことは海老名ベテルギウス則雄『金剛山研究』というミニコミ誌ながら分厚い旅行記(というか立派な研究)にまとめられている。旅行記とはいえ政治的な内容が濃く、ミニコミならではのボーダレスな書かれ方に重厚感がある。日本人が金剛山に鉄道を敷設する件は鉄分の多い方にも十分楽しんでいただける内容かと思う。

最後に、子供向け電車ムックのようなデザインを狙ったのかもしれないが、それにしても表紙がダサすぎる! 頼むぜ新潮社!!

←クリックいただけるととても喜びます

| | コメント (0) | トラックバック (2)

北京原人 Who are you?

ストックしていた映画レビューをUPをば。
思い起こせば、初日に朝から並んだよなぁ・・・早朝、列が出来ていて、人気だなぁと思ったら、別のアニメかなんかの先行前売りの列で、結局北京原人で並んでたのオレラだけだったなぁ・・・

北京原人 Who are you?多くの人がいうように、丹波映画。ノリノリで絶叫する丹波がみれるのは貴重。役のノリは大霊界の悪ノリ。
それに、何といってもSFなところが偉い。最初のシャトル内の合成も素晴らしいが、BGMに宇宙音が用いられているのが素晴らしい。子供の科学とかでかかりそうな、「ピヨヨヨヨ~ン」という、ピコピコな音。宇宙の科学館みたいな観光地(どこにあるんだ?)でかかってそうな曲。子供の夢を壊さない配慮は素晴らしい。
ポッドが落下して北京原人が島に住みだすシーンの、投げる石の迫力は、CGの可能性を広げる斬新なまでのインパクト。ここで観客びびらせてどうする?
陸上競技で公開を許されていない北京原人を白昼の下にさらそうという誰も考えない方法は圧巻。二代目引田テンコウも登場。佐藤蛾次郎とロシアギャルが2ショットも素晴らしい。宙に浮く象マンモスの技術力も凄い。
そして何といってもラスト。象マンモスに乗って先祖返りする本田博太郎にむかって何の説明もなしに「走れ、もっと走れ」と脈絡なしに絶叫する緒方直人(神田利則ではない)、そしてエンディングのフェイバリット・ブルーが、我々を脱出不可能の迷宮へと誘ってくれる。

←クリックいただけるととても喜びます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐藤優『自壊する帝国』雑感

※読了後の感想を追記しました。

この間、ちょっと触れさせてもらったように、本が好き! というプロジェクトに参加していて・・・まぁ献本の変わりに感想書いてちょうだいと。

自壊する帝国
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/社会・政治


最初期のラインナップは5冊で、その中では本著『自壊する帝国』しか肌にあいそうになったので、とりあえず記念だからと分厚くともお願いしたらこがもう大変。現時点で感想UPのタイムリミットはとうに過ぎているのだが、ぜんぜん読み終わってない(^^ゞ
献本お願いした後でその重量に失敗したかなぁと思ったのだが、後日システムが整っていなかった関係で再度申込みしなおさなければならなくなって、怖気づいて再度申込みしなかったのだけど、どうも主催側が配慮してくれたみたいで、見事に1冊ドカンと贈られてきたわけで・・・こりゃ大人しく読むしかないとパラパラページを繰ると、これがなんとも面白い!

本著の概要は画像をクリック頂ければ上手な粗筋が読めるのでそちらを参照して欲しいが、まぁ若き日本人外交官がロシア(当時はソ連)に赴任してペレストロイカを目の当たりにする、というノンフィクション。
この著者、実は容疑者で、「北方領土支援にからむ偽計業務妨害」とかなんとかって容疑に掛けられてて、鈴木宗男と関係もあったみたいですわ。
とにかく外交官としてアクティヴな諜報活動がソ連側から疑われまくりで、秘密警察(KGB以外にもいろいろあるんだってさ、へぇ~)にマークされまくり。当時のソ連、つーか共産国家はアメリカ側の資本主義はもとより、非科学的な宗教を否定してたようで、ロシア正教とかも否定的に研究するという名目じゃないとモスクワ大学でも扱えないし、それに関わる書籍なんかも国会図書館に封印状態で市井では思想統制されている。まさに焚書状態で、神学を学んでいた著者はチェコルートとか人脈を駆使してそうした反体制的な書物を入手するんだけど、外務省の留学生なんてマークされまくりな存在なのに、そんな書物の遣り取りとか、ハデに動く動く。
例を一つ挙げれば、モスクワ大学で神学を学ぶには先述のように宗教的倫理観の否定をしなければならない。論文や弁論で否定する事例を挙げることで、他の学生は共産思想以外の意識を得ることができる仕組みになっている。とはいえ論文や弁論の最後は必ずマルクス主義マンセーで〆られる。それでも発表した学生を他の学生や教授はボロカスにいうんだけど、共産思想以外が取りざたされるのだから、反体制的な思想の側に立っているというポーズをとる必要がある。他の学生や教授の中に必ずKGBや秘密警察にリークする共産党員が混ざっていて、常に動きを監視している。
日本からの外交官がそんな大学のゼミに参加すること自体イレギュラーであり、だからマークされまくりなのだが、よくやると思う。おかげでこうして本になって我々がしるところとなるのだが。
そこまでロシア人の懐にはいれる著者の人徳には感心するばかりだが、人徳だけではなくそこまで入り込めるこの人の能力の高さは目を見張るものがある。さらっとロシア語をマスターするなんて書いてあるけど、いろんな国の言葉をまるで何もなかったかのようにマスターし、原文で本を読み漁る。兎に角頭がいい。こういう人をインテリというんだなぁと心底思った。だからもちろん日本語もうまい。感心するほど読みやすく適切な文章を書く。「異能の外交官」なんて呼ばれて呼ばれてるようだが、ボトムズのキリコっぽい。まさに異能生存体 。あのアニメも共産的な臭いするし、ボトムズにインスパイアされたと思しきガングリフォン というゲームも舞台はロシアだったなぁ。

映画ゴッドファーザーでパロディにもなった、戦艦ポチョムキン の乳母車が落ちる階段での、とある日本人外交官の濡れ衣エピソードなんかは、暗躍する国家というものが如実に現れていている。
共産主義体制とか秘密警察とか赤い工作をアツく感じる向きは是非一読されたい。大変だ!キミの教科書も真っ赤っか!!
さて、自分が読了するのはいつになることやら・・・
・・・それにしても、表紙がダサいんだよなぁ。ノンフィクションの本ってなんでこうオッサン臭いんだろうか? ※読了後追加文章を書くなり、この記事を書き直すなりする予定。ちなみに、このブログのほかの記事でも顕著なように、文脈を追う文章は書かないので、書評(だと思って書いてないけど対外的に)として内容が覆ることはないので、まぁ雑感は以上の通りッス。

※読了後の感想は↓

続きを読む "佐藤優『自壊する帝国』雑感"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »