« 「時間ですよ」を作った男―久世光彦のドラマ世界 雑感 | トップページ | 監督・ばんざい! 雑感【前編】 »

ルー炎上! 雑感

ルー 炎上! 恥かけ、汗かけ、涙しろ

Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/エンタメ・タレント




※トラックバック頂いたルーマニアさんで知ったルー語変換。以下のレビューをルー誤変換してみた。中盤なかなか変換できる語がなかったが、後半はなかなか笑えるかと。というわけで、↓をクリック!
http://lou5.jp/?url=http://sye.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_488f.html

ルー炎上!って、スパについでカレー屋でも爆発したのかと思ったが、んなわきゃない!(タモリ) ルーはルーでもルー大柴だった。
実はルーさん、生でみたことがある。ラジアメという一部で伝説化しているラジオ番組のイベントに登場したのだ。ルーさんといえばコサキンとの絡みで知られるようになったわけだが、小堺(なぜルーだけ敬称を略さないのか、オレ?)の師匠に当る欽ちゃんの影響で放送作家となった鶴間氏(本当敬称がおかしいブログだ)がラジアメの構成・出演をしていた流れだと思われるが、当時ルーさんは『俺がルー大柴だ』という「港のヨーコ横浜横須賀」をパクッたような歌を出していて、腰をクネクネ熱唱していた。と同時にこの時期『ライフ・イズ・ワンス』という本も出したばかりで、しっかり宣伝して帰っていった。

『ライフ・イズ・ワンス』は興陽館書店から発売されていたように記憶している。この出版社はTBSラジオの番組本を数多く出版していて、ラジアメの本も興陽館だったように思ったら、amazonでは日音となっていた。日音はTBSの100%子会社で、なんか、いろいろあんのかもしんない。
閑話休題。『ライフ・イズ・ワンス』は読んでないのだが、今回『ルー炎上!』を手にしてふと思い出し、読んでおけばよかったなぁと思った。学生時代に出会った人間で『ライフ・イズ・ワンス』を古本屋で見つけて買ったというヤツがいた。そいつに『俺がルー大柴だ』を探しているが知らないか?と問われたこともあったっけ。。。
全然閑話休題になってない。閑話休題。『ライフ・イズ・ワンス』は読んでないのだが、ルーさんの半生について書かれたもんだとばかり思っていた。しかし『ルー炎上!』によると、半生を告白するのはこれがはじめてだとあった。じゃあ『ライフ・イズ・ワンス』にはなにが書かれているのか!?

そんな疑念を抱くほど、本著『ルー炎上!』には赤裸々に自身のことが、もちろんプライベートな心情・詳細は除いて書かれている。およそ200Pほどの中に同じことが何度も繰り返し出てきて、構成の拙さ・・・というか構成なんて無視した内容となっている。でもこれが逆にルーさんらしさが出ていて、本文の内容に説得力を持たす助けになっている。
所々太字になっていたりと、ルーさんの訴えている部分の読みやすさ=キャッチーさがタレント本らしい。どうも最近ルーさんがブログ(ルーブログhttp://ameblo.jp/lou-oshiba/)をはじめ若い人の間で再ブームとなっているそうで、それで本著も書かれたようだが、まったく知らなかった。ルーさんはコサキンがらみでその名を目や耳にする機会があったし、TVのゴールデンで目にしなくても、ルーさんなりの身の置き場で活躍されているとばかり思っていたからだ。
しかし本著を読むと仕事がなく結構深刻だった時期のようで、現在のマネージャー氏と侃々諤々することでもう一花咲かせようということになり、新しいことへもチャレンジし、ブログを初め火がついたということのようだ。その前の大ブレイク、その『俺がルー大柴だ』とかを出していた時期までの苦悩が綴られ、そこから這い上がった精神的な内容が若者から支持を集めている所以らしい。
先にタレント本らしいと見た目のことをいったが、精神的な内容でも、本著でも伝記を例にして述べられているが、ルーさんだから、ルーさんらしいなぁと、タレント本として読まれるなら問題ないのだが、本当に自殺とか悩んでいる人に影響しちゃう場合、どうなんだろうかとも思った。確かにタレント本では納まらないナニか得るものがあるとは思う。それはそれで読者の生きる糧になればいいのだが、エスカレートすると洒落にならないことになりかねない。ルーさんが旅に出る前、悩みの末心療内科に行ったことがあるそうで、処方された薬を見てお姉さんが、そんなもん飲むなら走り回って木にぶつかってこい!みたいなことをいって、その通りにしたらルーさんスッキリした、とあった。自分自身心療内科の通院経験があるのだが、確かにあそこに通っていると治るもんも治らない気がしてくる。自覚があって自ら病院へ通える内は大丈夫と思っていたが、通うと決心する時点でそれなりだったのかもしれない。しかしルーさんの場合それでよかったのはルーさんだからだったわけで、本著を読んで影響されて心療内科への通院をやめ、取り返しのつかないことになるかもしれない。
そうなったらそれはそうなった人間の問題であって、本著になんら責任はない。ルーさんだって悩みを抱えてる人はトゥギャザー木にぶつかれば治るさ!なんてことはいっていない。しかし、啓発的内容を伴う本というのはこうした危険性と常に背中合わせだ。もちろんそれに勇気付けられる人の方が俄然多いし、そういたルーさんのキャラが癒しになっているようだから、その効用は絶大なのだろう。その意味では非常に興味深く勢いのあるタレント本であるのだが、そういう発言が書かれているんだったら、飽く迄タレント本としての枠に収めるよう、フォローが付け加えられるべきじゃないかなぁと思った。その辺注意不足な気がする。カッ!

←クリックいただけるととても喜びます

|

« 「時間ですよ」を作った男―久世光彦のドラマ世界 雑感 | トップページ | 監督・ばんざい! 雑感【前編】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173075/7004837

この記事へのトラックバック一覧です: ルー炎上! 雑感:

» ルーマニア [ルーマニア]
ルーマニア,ルー大柴,ルー語変換などについての情報集めました [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 19時11分

« 「時間ですよ」を作った男―久世光彦のドラマ世界 雑感 | トップページ | 監督・ばんざい! 雑感【前編】 »